TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座詳細はこちら>

子犬時代はしつけの適齢期

子犬時代がしつけ適齢期、というのには様々な理由があります。頭のやわらかい子犬のうちに色々なものを覚えさせる、という事が一番の理由になります。また、子犬時代の生後3〜12週にあたる期間は『社会化期』といい特にしつけがしやすい環境なのです。


子犬しつけ適齢期の社会化期は、他者と自分との区別が付き始める時期でもあります。ですから、この時期に認識し始めたものは『そういうもの』と受け入れやすく、様々な物事を『そういうもの』として覚えさせる事ができます。子犬のリーダーは誰か、自分の環境には何がるのか、こういった事を適齢期に教え込めば、より社会性を持ち、またより素直にリーダーのいう事をきく犬に育てる事ができます。

次の記事はこちら↓
犬の基本的なしつけ 犬と旅行に行くためのしつけ
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]