TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座詳細はこちら>

子犬のうちにすべきしつけ

子犬には難しいしつけはできませんが、簡単なしつけをする事は可能です。また、しつけの種類によっては子犬の方がしつけをしやすい事もあります。例えば、他項にもあるように、リーダーが誰かまた、社会性を身につけさせるという事は子犬の方が覚えやすいしつけといえます。


子犬のうちはワクチンが終わるまで、他の犬や人に接触させ社会性を身につけさせる事は難しくなります。けれど、子犬にはパピーパーティーや抱っこ散歩とで他のものに触れさせ社会性を身につけさせる事ができます。特にパピーパーティーでは、他の犬との交流のとり方、あるいは他の人間に対する態度などを学ぶ事ができます。


子犬とリーダーだけの世界だけではなく、世の中には様々な犬や人や物があるという事を子犬に教え、社会性のある犬に育てる事を心がけましょう。

次の記事はこちら↓
子犬のしつけ 子犬時代はしつけの適齢期