TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座詳細はこちら>

子犬のしつけ-主従関係を身につける

犬のしつけにおいて主従関係を身につけさせる事は重要なポイントとなります。そしてこれは子犬しつけの場合も同様です。


子犬しつける最初の段階から、『子犬にリーダーが誰なのか』という事を教えておけばその後のしつけもとても楽になります。また、生まれてまだ他者と自分との区別のつかない小さな子犬の場合、初めから『そういうもの』だと教えやすくなります。


子犬主従関係しつける際の方法はいくつかあります。例えばフードを自分の手から直接与える。始終一貫した態度をとる。これらの行動は、子犬以外の犬と主従関係を築く方法と同じです。けれど、感覚が発達していない小さな子犬に、主従関係を教える際には多少オーバーとも思えるリアクションでよりわかりやすく、誰がリーダーか、という事を教える必要があります。

次の記事はこちら↓
子犬のしつけ 子犬のしつけ-環境になれさせる