TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座詳細はこちら>

犬の甘噛みのしつけ

甘噛みは、甘噛み程度で痛くないといって放置してしまうと、噛み癖のついたに育ってしまいます。また、特に子には『甘噛み』だと思っていたものが順位付けのための噛み付き行為の場合があるので、甘噛みは絶対にしつけておきましょう。


甘噛みクセは子のうちから噛む度にいけない、これは成長したの場合も同じです。それでもやめない場合は、ダメの号令と共にから見えないところで音を立てたり、耳に息を吹きかけて甘噛みをやめさせます。ただ、この方法はあまりにも驚かせてしまうと、つい本気噛みをさせてしまうので注意をしなければいけません。


また、甘噛みには無駄吠え同様、身体の不調から来る行動の場合があります。甘噛みに限らずあまりにも色々な物を噛む場合は、その原因が何かを考えるようにしてください。

次の記事はこちら↓
犬の基本的なしつけ 犬のトイレトレーニング