TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座詳細はこちら>

犬のダメのしつけ

にダメを教える際のしつけの基本も、他のしつけと全く同じです。基本さえ守れば『ダメ』のしつけも簡単にする事ができます。


にダメという際は低い声で、ダメという言葉で号令を変化させない、どんな時でもだめな事はダメとしつける。また、いくらとんでもないダメな事をしても体罰はしない、ダメのしつけの際には絶対にの名前を呼ばない。そして、ダメがきちんとできて反省しているようであればたくさん褒めてあげる。この基本さえ守ればのダメのしつけは簡単にできます。


また、トイレの失敗のようにダメといってはいけない場面もありますので、『そのの行動が本当にダメのしつけにあたるのか』という事を考え状況を判断しながら『ダメ』のしつけをするようにしましょう。

次の記事はこちら↓
犬の基本的なしつけ 犬のまてのしつけ
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]