TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座詳細はこちら>

犬の気持ちを考えたしつけをしよう

しつける際には、自分の都合でにいう事をきかせるのではなく『なぜがそのような事をするのか』という事を考えてしつけをする事がポイントとなります。


しつけるには様々な方法がありますが、の問題行動の裏にある気持ちを考えればそのほとんどが解決されます。人間にも気持ちがあるようににも様々な気持ちがあります。何の意味もなく行動をおこすは存在しません。

けれど言葉を持たないは自分の気持ちを表現する際に吠えたり、いたずらをして飼い主に気持ちを伝えようとします。


しつける際には気持ちを考えながら、どのようにしたらしつけがうまくいくのか、という事を探りながらしつけを教えるように心がけましょう。

次の記事はこちら↓
犬のしつけのポイント 犬のリーダーになる
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]